HOME>イチオシ情報>穴場的な要素を持つ街で住宅街として綺麗な街でもある

意外便利な街となっている

間取り

東京都内で住宅地を探す時、電車の沿線沿いの探すケースが多くみられます。東京都内で移動手段にはバス利用も考えられますが、JRや私鉄更には地下鉄を利用することが一般的な習慣にもなっているからです。そんな住宅探しの時に名前の上がって来ない地区に中野区がありますが、これが相当な穴場と言っても良いことになります。まず新宿駅に非常に近く、中央線や総武線更には東西線などが中野駅を利用出来、新宿駅方面や東京駅、そして千葉方面へ一本で行くことが出来ます。また区内には西武新宿線、丸ノ内線や大江戸線が走り、交通機関の利用では非常に便利な街となっています。その中野区の良さは賃貸物件にも表れており、都心に近い割に賃貸料金が高くないと言うことです。多少古くなって来ている感じがしないまでもありませんが、昔から住宅街だった名残りからも多くの物件が用意されています。ワンルームマンションなどから家族が住むような3LDKと言ったマンションまで幅広く用意される中、非常に安い穴場物件が多いのも中野区と言われます。

街の再開発で人気上昇

東京中野区にある賃貸物件に住む良さは、世田谷区や杉並区より都心に近くにあるのですが、賃貸費用では安めに推移していることが上げられます。東京に住むイメージとして世田谷区とか杉並区があり、これら以外では下町方面に目を行くことが多く、意外と人気薄の地域となっていることが考えられます。そのため中野に引越しをして来る人の多くは、東京もしくは周辺地区に住んだ経験のある人が多いとも言われています。穴場的な要素が多く、高円寺や阿佐ヶ谷と言った中央線沿線人気を支える街にもなっています。ですが街が再開発されて来たこともあり、住みたいと考える人が多くなって来ているも事実で、そのため賃貸費用が上がる傾向にもなって来ていることが心配です。

広告募集中